専業主婦の私が旦那に内緒で借金を解決した体験談

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

管理人の友人で主婦をしている方に、実際に債務整理をした時の体験談を書いていただきました。

本当は誰にも言いたくないことだと思いますが、この方もかなり悩んだようで誰かの勇気になれればという想いで書いていただきました。

一人の専業主婦が旦那に内緒で債務整理をした話

30歳の主婦です。同い年でサラリーマンの主人と1歳の娘と生活しています。

結婚後しばらくは賃貸のマンションに住んでいましたが、最近になって夫が「マイホームを持ちたい。家を買おう。」と突然言い出しました。もちろん私もマイホームは「夢」でした。ローンのことを考えても、マイホームの購入時期は早い方がいいでしょう。賃貸のマンションの家賃を払い続けるくらいならマイホームのローンに回したいとも思っています。主人の手取りは30万円。私のパート代と合わせればローンの返済も可能です。

しかし、私には主人の提案を素直に喜べませんでした

なぜなら私には消費者金融に借金があるからです。もちろん借金のことは主人には内緒にしてきていました借金は今の主人と結婚する前に作ってしまったものです。

結婚前の彼氏が作った借金

私には当時、年下の彼氏がいました。顔がいいだけの働かない、働く意思もない、いつもお酒を飲んでは、できもしない大きな夢ばかりを語る、どうしようもない男でした。

「いつか働いてくれる」「いつか結婚して普通の家庭を築いてくれる」私はそう信じていました。

「資格取得のためにお金がいる」「投資をしたい」、彼にお金の工面をされたことも1度や2度ではなく、その度にお金を渡しました。私が汗水たらして働き、貯めたお金です。

ヒモで寄生虫のような彼は、私にお金を要求することに罪悪感なんてこれっぽっちもなかったのでしょう。じきに私の貯金も底をつきました。この時に「もうお金はない」と彼にはっきりと言えていればよかったのです。

しかし彼のことを信じていた私は消費者金融からキャッシングを繰り返すようになりました。何社もの消費者金融から借金をし、最終的に150万円になりました

「もうこれ以上は借りられない」と彼に言うと、次の日には彼と連絡がとれなくなり、彼は私の前から姿を消しました。私には借金だけが残りました。彼のために借りたお金ですが、私名義の借金であることから、私に返済義務があり、毎月7万円ずつ返済していくことになりました。

借金を抱えたまま結婚解消されるのが怖くて打ち明けることが出来なかった

そして彼の借金を返済している時に今の主人と知り合い、結婚しました。

優しい真面目な主人と結婚できたことは本当に幸せでした。

妊娠した時は「返済を滞らせる訳にいかない」と焦りましたが、実家の両親に適当な嘘をついてお金を借りました。毎月の返済額が大きいので、貯金などできるわけもなく、私には自由に動かせるまとまったお金がないのです。

産休が明けてからは、また必死に働き、パートのお給料は借金返済に消えていきました

そんな時に主人の「マイホームが欲しい」発言です。こどもの養育費の出費もこれからどんどん増えていくでしょう。パートのお給料を家計費にいれないといけなくなります。

毎月7万円の消費者金融への返済は難しくなるでしょう実家の親には長女の産休の時に借金をしているので、これ以上は頼むことができません。そもそも私にこんな多額の借金がある状態でマイホームのローンを組むことは可能なのか。

「もうどうしようもない。でも絶対に主人には内緒にしたい。」

悩んだ末に私は弁護士事務所に相談することにしました

弁護士事務所に相談

弁護士事務所では担当の女性弁護士が親身に対応してくださいまし

そこで聞いたのですが、私のように結婚前の借金を旦那さんに内緒にして苦しんでいる女性は決して珍しくないそうです。そして「任意整理」という方法をとれば主人に内緒で「債務整理」をすることが可能だと知りました

「任意整理」とは私の借金が帳消しなるわけではありません。

金利を0にして少額ずつゆっくり完済していくという方法です。

毎月7万円だった私の返済額は2万円にまで抑えることができまし

本当は1万円にまで減らすことができればよかったのですが、贅沢は言っていられません。2万円ならなんとか工面できるでしょう。

本当に旦那に内緒で債務整理することができるのか?

一番心配していたのは「主人に内緒で債務整理できるのか?」ということです。

結論から言うと、旦那にばれずに債務整理をすることができました。

郵便物で主人にばれてしまっては嫌なので、書類の受け渡しは全て直接弁護士さんとお会いして行いました。この時に担当を女性弁護士にしていただいたことを感謝しました。

やはり私は既婚者なので、定期的に男性とお会いするのはあまりよくありませんもちろん場所の指定はできますが、こどもも小さいですし家から離れた場所を指定もできません。女性となら近所の喫茶店で会っていてもなんら問題はありませんから。

主人の携帯や主人の会社の電話番号をクレジット会社から電話がかかってくるようなこともありませんでした

私とクレジット会社の間に弁護士さんが入って、話し合いをしてくださるので、私は弁護士さんに経過報告を聞くだけです。もちろん弁護士さんからの連絡についても、私の携帯電話を指定し、時間帯にも配慮していただきました。

私が債務整理をしてもマイホームのローンは組めるのか

もう一つの心配事が、マイホームのローンを主人の名義で組むことができるのかということでした

実際にはまだ組んでいないのですが弁護士さんい聞いてみると、私名義の借金とは関係ないのでマイホームのローンは主人名義で問題なく組むことができるそうで

一般の私たちにとっては、弁護士事務所の敷居は恐ろしく高いでしょう。私も最初は相談することを迷いましたし、躊躇しました。

借金があるだけでも恥ずかしいのに、過去の自分の愚かさを他人に話すことになります。

しかし、あの時、決心してよかったです。「任意整理」をして、毎月の返済額を減らせたこともよかったのですが、なにより、今まで誰にも話せず、相談もできずにいたことを、親身になって聞いてくれて、助けてくれる、頼れる存在ができたことです。

私が債務整理をする勇気が持てたのは、このサイトの管理人さんが書いている旦那に内緒で債務整理する方法を読んだからです。

これなら旦那に内緒で債務整理することができると確信を持つことができました。

管理人さんには本当に感謝をしています。ありがとうございました。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>