債務整理の種類

夫に内緒で個人再生するのは不可能である2つの理由とその解決法

8efab9998903e236a2ed2e86b304d72c_s

旦那さんに内緒で個人再生ができるのか?

この質問は正直多くはありません。そして個人再生は周りに内緒で進めることは非常に難しいのです。なぜなら裁判所を通す手続きなので、書類が家に裁判所名義で届いてしまったりするからです。

主婦の借金の解決方法として一番多いのは任意整理ですが、借金の額が大きいと個人再生や自己破産をすることもあります。個人再生は主婦にとってはメリットが少ないのですが、どうしても個人再生でないと解決できない場合もあります。

その時はご主人などまわりにも話して、協力を得る必要があります。

個人再生を旦那さんに内緒でできない理由

個人再生をまわりに内緒でてつづきを進めるのは難しいです。

それはなによりも、裁判所を通して手続きを進めていかないといかないからです。裁判所を通すとなぜ内緒にするのが難しいのかというと、

  • 裁判所の名前の入った書類が郵便で届く
  • 集めなければいけない書類が多い

この2つが大きな理由です。

主婦が内緒で債務整理をするときに、気をつけないといけないのが郵便物と電話です。

家に裁判所名義で郵便物が届いたりすれば、たまたま旦那さんが見てしまって借金がばれてしまうかもしれませんし、家に電話がかかってきたり携帯であっても旦那さんといるときに電話が鳴ってでなければ怪しまれます。

電話がかかってこないとしても、裁判所を通した手続きの場合郵便物は止められません。

これが一つ目の理由です。

そして2つめの書類の話ですが、これも裁判所を通すため細かい書類が非常に多いのです。

旦那さんの給与明細や収入証明や源泉徴収。そして通帳も毎月の家計の状況(旦那さんの小遣いの使い方まで)知らせなければなりません。旦那さんに内緒だとここまで細かく集めることは難しい。

だから裁判所を通した手続きでは旦那さんの協力も必要になりますので、内緒にすることは難しいのです。

任意整理なら内緒でできる

裁判所を通さない任意整理であれば、弁護士事務所が全ての連絡先になってくれるため、家に郵便がくることもありませんし、指定した時間以外で電話がかかってこないので旦那さんに内緒にするのも難しくありません。

そして書類に関しても、本当に簡単な家庭全体の収入を証明するもの(市役所で取れます)があればOKなので、ここも問題ありません。だから内緒にしないといけないのであれば任意整理で解決することをおすすめします。

それでも個人再生をする場合は話すしかありません

個人再生を選ぶということはなにかしらの理由があるのだと思います。例えば手放したくない財産があったりすれば個人再生になることもあります。

余談ですが、もし特に個人再生でないといけない理由がないのであれば、任意整理か自己破産を選ぶべきです。

個人再生をする場合は、ここに書いた通りあなた一人で誰にも話さずに手続きをすることは不可能なので、旦那さんとしっかり話会う必要があります。しっかりと話して理解してもらって協力してもらう。

ただし、本当に個人再生でないといけないのかという疑問もあります。例えば、借金が多いから個人再生を選んでるのであれば自己破産の方がいいかもしれませんし、もしかしたら過払い金が取り戻せて任意整理で解決できるかもしれません。

あなたの知識で判断するより、しっかりと専門家に相談すればもっといい解決法が見つかる可能性もあります。

 

主婦の視点から個人再生を見てみるとデメリットばかりだった話

2932ddcb24620b0657f6f479eb5558ed_s

借金を返せなくてどうしようもない時に自己破産以外の方法の一つで個人再生という方法があります。

ただ、主婦で借金が返せなくて困っている人が個人再生をすることってほとんどないんですよ。なぜかというと、主婦にとっては個人再生をするぐらいなら自己破産してしまった方がメリットが大きいから。

そして個人再生しないといけないほど借金の総額が多くないからです。

主婦の視点から見た個人再生をみてみましょう。

個人再生は持ち家を残すためのもの

個人再生はもともと債務整理の方法のうち、どういう役割のものかというと持ち家を残すためのものなのです。

自己破産をすると、20万円以上の財産はすべて手放さなければなりません。持ち家があればもちろん差し押さえられて競売にかけられてしまいます。だから持ち家がある人はできれば自己破産をしたくないのです。

その時に役に立つのが、個人再生なのです。

個人再生では住宅ローン支払い中の持ち家を手放さずに大幅に借金を減らすことが可能で、だいたい1/5ぐらいにはなります。かなり減額率が高くて、借金の総額が大きい場合にも良く使う債務整理の方法です。

でも個人再生にはデメリットもあります。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットは

  • 手続きのあとも返済を続けなければならない
  • 旦那さんに内緒のまま手続きすることは実質不可能

といった2つがデメリットです。

旦那さんに内緒の借金の場合は、債務整理自体も旦那さんに内緒にしたい主婦の方も多くて、そういった場合に役に立ちません。個人再生は裁判所を使った手続きなので、家に郵便物も届くし旦那さんの収入を証明する書類も必要です。

そして自己破産と違って、手続き後も借金返済をしないといけないので、そういった面でも自己破産の方がいいでしょう。

主婦の借金の悩みの場合は個人再生を選ばない

主婦の方で借金の悩みの場合は、個人再生をすることは少ないのです。

旦那さんに内緒にしたままで債務整理をしたいという方は、内緒にすることができる任意整理を選びます。そして任意整理では借金の減額が少ないので借り入れが多い時は、手続き後の返済がすべて免除される自己破産を選びます。

個人再生を選ぶメリットは財産(だいたいの人が持ち家や車)を持ったまま手続きができる場合のみなので、あなた名義の家や車がない限り主婦にとっては選ぶことはないでしょう。

 

 

主婦が借金の返済で困ったときに解決できる自己破産以外の方法

27ad9895f3bdf389ecae465b3b165e3f_s

もう自己破産しかないのかな?

借金の返済ができなくなると、こう考える人は多いです。でも借金の悩みで法律事務所にたずねてきて実際に自己破産をする人は本当にごく一部で、ほとんどの方が任意整理や個人再生で解決ができます。

特に主婦の方で自己破産をしなければならないほど、追い込まれている状態というのはごく稀です。

実は自己破産ではなく

  • 個人再生
  • 任意整理

という方法があるのをご存知ですか?

特に任意整理なら、旦那さんにも借金の秘密を明かさずに借金の問題を解決できます。

主婦の借金の問題で自己破産する人は一握り

主婦で借金で悩んでいる人で借金の問題を解決しようとした時に、自己破産する人っていないんですよ。なぜかというと、主婦の場合は自己破産しないといけないほどお金を借りられないから。

あともう一つの理由は、旦那さんに内緒にしたまま解決したいから。借金のことがばれたら離婚されそうで怖いという悩みも多いです。

借金の額が多くはない

パートをしていたとしてもだいたい年収の1/3までしか借りることができないし、旦那さんの信用を使うとしても借りれる額は100万円が最高額ぐらいではないでしょうか?

100万円っていうと主婦からすると多いのですが、自己破産する人の金額って500万円以上であることが多いんですよ。自己破産するっていう視点で見ると、「旦那さんの力を借りたら返せるじゃない?」という金額になってしまんです。

もちろん数十万円でも自己破産する人はいます。それはその金額でも支払うことのできない人だからです。例えば離婚して一人で子供を育てている人とか、うつで働けない人とか。

旦那さんが元気に働ける家庭では、基本的に数十万円では自己破産の手続きはとらないんです。言い換えるとその状態では裁判所が自己破産させてくれないんです。

旦那さんに内緒にしたい

旦那さんに借金がばれてしまったらどうなるか。考えただけでも恐ろしくないですか?

でも基本的には打ち明けられるなら打ち明けて一緒に解決した方がいいのはいうまでもありません。でもそれだったらこのサイトは見てないと思います。

自己破産の場合は裁判所を通した手続きになるので、旦那さんに内緒にすることは難しい。郵便物も来るし、旦那さんの給与明細とか収入証明とかが必要になってきます。

旦那さんに内緒で用意するのは難しくないですか?だから自己破産はできない。

これが主婦の方が自己破産をしない理由の2つ目です。

じゃあどうするか?

任意整理という方法がある

実は自己破産は借金の問題を解決する方法の1つでしかないのです。

最初にお伝えしましたが、

  • 任意整理
  • 個人再生

という2つの方法があって、特に任意整理であれば借金の総額が少なくても手続きできますし、旦那さんにも内緒ですることができます。

ただし、任意整理は自己破産のように、借金がすべて無くなるという方法ではなく、借金を減額してもらって返していく方法です。だから手続きの後も借金は残ります。

簡単にいうと、毎月の返済額を抑えて借金をすべて返し切るという方法です。

任意整理については、

旦那に内緒で債務整理する方法

に詳しく書いていますのでご覧ください。