任意整理

主婦が借金を返すために体を売る前に知っておいて欲しいこと

体を売って借金を返す。

実際に、風俗嬢になって借金を返している人はゴマンといますし、決して無理ではないでしょう。でもそんなことをせずとも解決する方法があるのならどうしますか?

日本では法律を使って、借金を減額してもらうことができるんです。自己破産もその方法の一つだけど。でも自己破産はしたくない。借りたお金はちゃんと返したい。

大丈夫。これから紹介する方法はちゃんと返していく方法です。しかも旦那さんに内緒でばれずに進めることもできるんです。

法律を使った借金解決法 -債務整理

借金を返していっても、なかなか思ったように減っていかないように思いませんか。それは利子のせいです。

毎月5千円とか1万円とか返していっても、実際にはその中から利子が引かれてしまって、月に数千円しか返していないことになっている。だから借金が減っていかないのではないですか?もっと楽に返せると思っていたのに、生活ができないぐらい返しているのに思った以上に減っていかない。

じゃあ利息がなくなれば返済していけると思いませんか?

利息を無くして借りたお金だけを返していくのが方法があります。その方法のことを債務整理というのですが、貸主と話し合いをして

「今の状態で返していくことが難しいので、利子を無くしていただけませんか?利子がなくなればちゃんと返せます。」

ということを伝えて利子を無くしてもらうことができるのです。これが債務整理。

債務整理をするとどうなるか

債務整理と言われても難しい言葉はわかりずらいですよね。

簡単に説明すると

  • 返済の邪魔になっている利子を業者との話し合いで無くしてもらう

ということです。利子をなくした上で、今残っている借金を3年間36回払いで返していくことになります。

今残っている借金はいくらですか?その金額を36回で割ってみてください。いくらになりますか?その金額を毎月支払っていくことになり、36回支払えたあとはあなたは借金を完済している状態になります。

債務整理をするにはどうするか

債務整理をするには

  • 自分で業者と交渉をする
  • 弁護士などの専門家にお願いをする

という2つの方法があります

ある程度交渉力と法律の知識が必要になってきますので、自分ですることはあまりすすめません。個人が相手だと業者もちゃんと取り合ってくれないことが多いのと、交渉をしてもこちらに不利な条件を突きつけられて結局そこまで解決できないことが多いからです。

そして専門家にお願いした場合のデメリットは費用がかかることです。だいたい借り入れしてる業者の一社あたり3万円の費用がかかります。そして弁護士というと敷居が高いのもデメリットだと思います。

ただ専門家にお願いした時は半年ほどですが、弁護士の力で返済をストップすることができるので、毎月の返済を弁護士費用にあてることができますし、その費用より多くの借金を減額ができることがほとんどなので費用対効果は高いです。

↓主婦の債務整理の体験談

実際に債務整理をした主婦の話

任意整理が99%夫にばれない4つの理由

27ad9895f3bdf389ecae465b3b165e3f_s

任意整理であれば、本当に夫にばれずに借金を整理できるの?任意整理であれば大丈夫です。

旦那さんにばれないのには、ちゃんとした理由があります。

郵便でのやり取りなので法律事務所に入ることを見られない

任意整理の手続きをする場合に、最初に心配なのが法律事務所に出入りしているところを見られたら近所にいろんな噂が立ってしまうのではないかということです。

法律事務所というだけで、裁判を想像されることは簡単にわかりますし、

  • 離婚
  • お金の問題

などなど変な噂を立てられたら、たまったもんじゃありません。ご近所の噂って止められませんからね。そして近所ならまだしも、身内や親戚に見られてしまうことも考えられます。

じゃあどうするかというと、事務所に行かず郵便と電話でのやりとりで手続きが出来る法律事務所を選べば問題ありません。

法律事務所の中には全国対応で郵便と電話でのやりとりで任意整理をやってくれるところがあります。

これが夫にばれない任意整理の理由1つ目です。

郵送物は郵便局止めで対応すれば家に郵送物は届かない

郵便と電話でやりとりができるなら、今度はその郵便物を旦那さんに見られてしまわないかが心配ですね。家にいない間に郵便が来ていて、あなた宛だったとしても見てしまう旦那さんはいらっしゃるとおもいます。

見るなと言ってしまえば、もっと怪しまれますし浮気すら疑われてしまうかもしれませんし、いいことはありません。

ただ、これも心配ありません。郵便って、郵便局で止めてもらってあなたが取りに行くという方法があって「郵便局止め」といいます。法律事務所ではそういった誰にも知られたくないことを扱うことも多く、さらに守秘義務といって弁護士さんに相談している依頼者の秘密を守る義務があります。

だからそういった、秘密にするためのテクニックは非常に得意なのです。そういった意味でも債務整理に得意な法律事務所を選んだほうがいいですね。

これが夫にばれない任意整理の理由2つ目です。

連絡方法を決めておく

郵便物が大丈夫なら、次は電話のやりとりです。

今の日本だと携帯電話を持っている人がほとんどだと思うので、基本的には問題はない人がほとんどだと思いますが、旦那さんと一緒にいるときに電話がかかってきて電話が鳴っているのに電話に出ないのは怪しいですよね。

そんなときのために、連絡方法を決めておくと便利です。例えば電話がかかってきてもいい曜日と時間を指定しておいたりする方法が一般的ですね。旦那さんが仕事にいている時間帯を選ぶといいでしょう。

これが夫にばれない任意整理の理由3つ目です。

裁判所を通さない手続き

もう一つ心配しておかないといけないのが、裁判所のやりとりです。

裁判所のやりとりになった場合には、郵便局止めなどという融通は聞きません。しかも裁判所からの郵便物なんて普段届くものじゃないので、見つかったら最後確実にばれてしまうでしょう。

だから裁判所での手続きの場合は注意が必要ですが、これも法律事務所を通した任意整理なら問題はありません。

まず任意整理ではほとんどの手続きで裁判所を通すことはないですし、裁判所を通したとしても法律事務所であればあなたの代わりに連絡を受けたり、郵便物の送り先になることができます。

あなたの家には裁判所からの郵便物は届きませんし、電話もかかってきません。あなたへの連絡が必要な場合はもともと決めた方法で法律事務所からきます。

これが夫にばれない任意整理の理由4つ目です。

任意整理なら旦那さんにばれません

このように任意整理なら旦那さんにバレることはありません。大事なのは弁護士事務所を通すことです。

そしてそういった内緒で対応するのがうまい法律事務所を選ぶべきです。そうすれば任意整理をしていることを旦那さんにばれることはありません。