主婦が借金を返すために体を売る前に知っておいて欲しいこと

体を売って借金を返す。

実際に、風俗嬢になって借金を返している人はゴマンといますし、決して無理ではないでしょう。でもそんなことをせずとも解決する方法があるのならどうしますか?

日本では法律を使って、借金を減額してもらうことができるんです。自己破産もその方法の一つだけど。でも自己破産はしたくない。借りたお金はちゃんと返したい。

大丈夫。これから紹介する方法はちゃんと返していく方法です。しかも旦那さんに内緒でばれずに進めることもできるんです。

法律を使った借金解決法 -債務整理

借金を返していっても、なかなか思ったように減っていかないように思いませんか。それは利子のせいです。

毎月5千円とか1万円とか返していっても、実際にはその中から利子が引かれてしまって、月に数千円しか返していないことになっている。だから借金が減っていかないのではないですか?もっと楽に返せると思っていたのに、生活ができないぐらい返しているのに思った以上に減っていかない。

じゃあ利息がなくなれば返済していけると思いませんか?

利息を無くして借りたお金だけを返していくのが方法があります。その方法のことを債務整理というのですが、貸主と話し合いをして

「今の状態で返していくことが難しいので、利子を無くしていただけませんか?利子がなくなればちゃんと返せます。」

ということを伝えて利子を無くしてもらうことができるのです。これが債務整理。

債務整理をするとどうなるか

債務整理と言われても難しい言葉はわかりずらいですよね。

簡単に説明すると

  • 返済の邪魔になっている利子を業者との話し合いで無くしてもらう

ということです。利子をなくした上で、今残っている借金を3年間36回払いで返していくことになります。

今残っている借金はいくらですか?その金額を36回で割ってみてください。いくらになりますか?その金額を毎月支払っていくことになり、36回支払えたあとはあなたは借金を完済している状態になります。

債務整理をするにはどうするか

債務整理をするには

  • 自分で業者と交渉をする
  • 弁護士などの専門家にお願いをする

という2つの方法があります

ある程度交渉力と法律の知識が必要になってきますので、自分ですることはあまりすすめません。個人が相手だと業者もちゃんと取り合ってくれないことが多いのと、交渉をしてもこちらに不利な条件を突きつけられて結局そこまで解決できないことが多いからです。

そして専門家にお願いした場合のデメリットは費用がかかることです。だいたい借り入れしてる業者の一社あたり3万円の費用がかかります。そして弁護士というと敷居が高いのもデメリットだと思います。

ただ専門家にお願いした時は半年ほどですが、弁護士の力で返済をストップすることができるので、毎月の返済を弁護士費用にあてることができますし、その費用より多くの借金を減額ができることがほとんどなので費用対効果は高いです。

↓主婦の債務整理の体験談

実際に債務整理をした主婦の話

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>