旦那に内緒で債務整理する方法

d07dc7c57bd5ee8298d9dca8eca06da7_s

旦那さんに内緒で作った借金がある。

旦那さんに内緒で債務整理は可能です。

それは任意整理と呼ばれる方法で、自己破産のように借金を踏み倒すようなやりかたではなく、金利を0にして毎月の返済額を減らし完済をする方法です。

このページではこんな質問に答えます。

  • 旦那に内緒で債務整理できるのか
  • 債務整理をすると旦那さんの会社にばれるのか
  • あなたが債務整理をした場合、旦那さん名義の車のローンとかクレジットカードに影響はあるのか
  • 自分の職場に内緒で債務整理できるのか
  • 家に届く郵送物はあるのか
  • 弁護士費用さえも払えない状況でも債務整理できる
  • 保証人のいる借金がある場合に保証人に内緒にできるのか

旦那に内緒で債務整理できるのか

旦那さんに内緒で債務整理をすることは可能です。

任意整理と呼ばれる方法をとれば、旦那さんには内緒で出来ます。収入の証明なども必要ありません。

基本的に弁護士事務所はあなた以外の人には話さないようにする義務があります。そういった個人情報を扱うのが得意な弁護士事務所もたくさんありますので安心してください。

旦那さんにばれないで債務整理を行って借金の問題を解決したい。

それを解決できるのが任意整理という債務整理の方法です。

債務整理には

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

の3つの方法があります。

自己破産個人再生では裁判所を通しての手続きになるので、どうしても証明するような書類が必要なのです。

任意整理であればあなたとクレジット会社との話し合いに弁護士さんが間に入って話すのです。

裁判所が間に入らないので、旦那さんの収入証明が必要ありません

あっても裁判所を通さないので、ある程度簡易的な給与明細のコピーや通帳のコピーでも大丈夫だったりします。

たまに、ちゃんとした収入証明を求めてくるクレジット会社もあるようですが、このあたりは債務整理に強い弁護士さんに相談をしましょう。

債務整理をすると旦那さんの会社にばれるのか

債務整理をした時に旦那さんの会社に債務整理がばれて、旦那さんが会社をクビにならないかという心配ですがこれも全く心配いりません

基本的に旦那さん名義の借金は旦那さんの協力なしに債務整理は出来ませんが、旦那さんの名義の借金だとしても、会社に電話があったり手紙がいったりなんてことはまずあり得ません。

最初の借り入れをする時に、会社に旦那さんが在籍しているかどうかを確認する為に旦那さんの会社の電話番号や会社を教えている場合もありますが、あの情報は在籍確認のためにしか利用されません。

あの情報はあくまで在籍確認のために提出したものなので、他の用途には使用することができないことになっています。さらにクレジット関係の会社を取り締まっているのは金融庁で、金融関係の法律は非常に厳しくなってます。

だからその法律をやぶれば、そのクレジット会社は営業停止を食らう可能性もある。だから無理に会社に電話をすることはありませんので、旦那さんの勤めている会社にばれてしまうことはありません。

安心して下さい。

あなたが債務整理をした場合、旦那さん名義の車のローンとかクレジットカードに影響はあるのか

あなたの債務整理が旦那さんのこれからのローンに影響を与えるのかという質問です。

これは非常に難しい問題なのですが、通常は影響を与えません

なぜなら、あなたの債務整理はあなたの問題なのです

ブラックリストにのるのはあなただけ

信用情報といって、過去5年間に借金の返済が1ヶ月以上遅れたら、その記録が信用情報として残るのです。俗に言うブラックリストというものですね。

債務整理をすればブラックリストにあなたの名前は載ってしまいます。これは債務整理をするのなら致し方ありません。

そのリストの保存期間は5年間。リストにのっている限りあなたは新たな借金やローンを組むことは出来なくなるので、あなたは5年間はクレジットカードを作ったり新たな借金をすることはできなくなります。

あなたが債務整理をしても旦那さんはブラックリストに載らない

あなたが債務整理をしても旦那さんはブラックリストに載りません。

あくまでブラックリストというものは、個人がのるものです

家族は一切関係がないのです。もちろん旦那さんも関係ありません。

そして旦那さんがローンを組むときに銀行などは他の人の情報は借りる人の家族であっても調べることは出来ません。法律でそう決められています。

だから、あなたがブラックリストに載っていても旦那さんのローンには影響を与えません。

影響を考えられるパターン

ただし影響を与えるパターンもあります。

それは同じ系列の会社から借金をする時です。

クレジット会社はさきほどのリストとは別に独自のブラックリストも作っています。

その系列で借金をしようとしたときには、そのリストが影響を与える可能性も否定はできません。
(これは会社独自でやっているものなので、真相はわかりません)

ただし、その場合に借金の審査がおりなかったとしても別系列の会社で申し込めば問題はありません。

別系列の会社は、独自のリストを見ることはできませんから。

しかも、その審査に落ちた理由をその会社は絶対に個人には伝えません。これは絶対です。

だからそこからあなたの債務整理がバレてしまう心配もありません。

基本的には、影響はない。だけど同じ系列の会社の審査に落ちる場合はある。

というのが結論です。

自分の職場に内緒で債務整理できるのか

あなたが勤めているとして、その勤め先に債務整理のことが内緒にできるかどうかですが、

これも内緒にできます。

理由は最初の「旦那さんの会社に・・・」のところで話した理由と同じです。

心配ありません。

家に届く郵送物はあるのか

債務整理をしたときになにか郵送物が送られて、家族にばれてしまうのではないのかという心配です。

それも心配もありません

まず債務整理をしたときは、弁護士が代理人として全ての書類を受け取り処理をします。

だから、クレジット会社からあなたに郵送物が送られてくることはありません

届くとすれば弁護士事務所からの郵送物ですが、それも内緒にすることが得意な弁護士さんにお願いすれば郵送物で送るようなことは絶対にしません

手渡しなどの方法を使ってくれます。

電話に関しても同じ内容です。電話をしてもいい時間帯なども細かく設定することができます。

電話や郵送物で家族にばれることはありません

弁護士費用さえも払えないけど債務整理はできるのか

弁護士費用を支払う予算がないのに債務整理できるのかどうかですが、

これは意外にも全く問題なくできます

方法は2つあります

  • 今まで返済にあてていたお金
  • 過払い金請求

今まで返済にあてていたお金

債務整理を弁護士にお願いをすると、弁護士からクレジット会社に書類が送られます。

その書類を届いたクレジット会社は、その後は一時的に一切の返済を請求することができません。

その期間は債務整理が決定するまでの間です。

もともと、返済にあてていたお金を支払わずに済むので、そのお金を弁護士費用にあてることができます。

しかも弁護士事務所と話をして無理のない金額に設定をしてくれます

だから弁護士費用は、無理なく支払って債務整理を行うことが可能です。

過払い金請求

過払い金請求についての詳しい説明は、長くなってしまうのでここでは省きますが

5年以上返済を続けていたり、すでに完済している借金がある場合にお金が戻って来る場合があります。

場合によっては、「そんなお金自分には戻ってこない」と思っていた人が100数十万円もお金が戻ってきて債務整理をせずに完済できた場合もあります。(実話です)

これも弁護士さんに相談することで、調べてもらうことができます。

債務整理をするときに弁護士さんが一緒に調べてくれますので聞いてみましょう。

保証人のいる借金がある場合に保証人に内緒にできるのか

保証人のいる場合でも保証人に内緒にして債務整理をできます。

これも自己破産個人再生では不可能なのですが、任意整理なら保証人に内緒で債務整理が可能です

任意整理では個々のクレジット会社と交渉をして、金利を減らすことと毎月の返済額も減らすことができるのです。

ですので、保証人がいる借金だけ債務整理しないということが可能です。

だから保証人がある借金は債務整理をせずに通常通りに返済する。そして他の保証人がついていない借金だけ債務整理をする。

だから保証人に気付かれることなく、内緒で債務整理できるんですね。

全ての借金を債務整理した方が返済は楽なのですが、保証人がいる場合で内緒にしたい場合は仕方ないでしょう。

ただ、他の借金を債務整理することが可能です。

他の借金の毎月の返済額を減らして、その借金については通常どおり返していくしかないでしょう。

こんな場合は内緒での債務整理はできません

旦那さんに内緒で債務整理ができるとは言いましたが、どんな場合でも内緒でできるわけではありません。

場合によっては旦那さんに打ち明けないと債務整理が不可能な場合があります。

  • 旦那さん名義の借金
  • 債務整理をしたあとの少額でも返済が難しい方

の2つの場合です。

旦那さん名義の借金

あなた名義の借金であればあなた一人だけで債務整理が可能なのですが、借金の名義が旦那さんの場合は旦那さんの協力が必要になります。

例えば旦那さん名義のクレジットカードのキャッシングなどがそれにあたります。

この場合は旦那さんの意志や旦那さんが書類集めをする必要もありますので、内緒で債務整理をすることは難しいでしょう。

旦那さんに打ち明ける方法を弁護士事務所に相談してみましょう。

債務整理をしたあとの少額でも返済が難しい方

債務整理をすれば毎月の返済額を大きく減らすことができるのですが、その数千円や数万円さえも支払うのが難しいのであれば、内緒での債務整理は難しくなります。

なぜなら、少額での返済も難しいのであれば自己破産をするしか方法がないからです。

内緒で出来る任意整理というのは、毎月少額でもいいから借金を完済をする方法です。

個人再生も少額でも返していく方法です。

だから返済ができないのであれば任意整理もできず、自己破産するしかありません。

自己破産には、家庭全体の収入などを証明する書類や、旦那さんの会社の源泉徴収の書類なども必要なので旦那さんの協力が不可欠です。

借金の返済がなくなったとしても支払うことが難しい可能性がある場合、相談無料の弁護士事務所で相談してみれば解決方法を見出せることもありますので、諦めず相談してみるのも一つの手ですね。

今こうしている間にも借金は増え続けています

借金の問題はできるだけ早く解決するように心がけてください。

  • これから先、何年間も借金を返済し続けることができますか?
  • 今の状態で旦那さんに隠し通すことができますか?

最初の方で債務整理の手続きに入れば、旦那さんの会社に電話されることはないと伝えました。しかし弁護士事務所にまだ相談していない状況で返済が少しでも遅れれば、自宅の電話番号や旦那さんの会社に電話番号など、その手の限りをつくしてあなたに返済を迫ります。

借金が返せなくなるとどうなるのか

借金が返せなくなる=返済が滞ると

  1. 自宅や会社(旦那さんの会社を含む)に督促状が届くようになる
  2. 督促の電話が毎日かかってきて鳴り止まなくなる
  3. 裁判所に訴えられて全額返金を求められる
  4. 給料や銀行口座を差し押さえられて生活ができなくなる

こういったことが順番に起こります。

家に督促状が届けば、家族が見て借金がばれてしまうかもしれませんし、会社に督促状が届けば旦那さんは会社から怪しまれるようになります。

毎日自宅や携帯に電話がかかってきて、返せない借金の返済を求められれば、毎日電話に謝って返済期日を伸ばしてもらうことにもなります。毎日電話がかかってくれば気分は暗いままです。電話が鳴るのが怖くなって、どんなに楽しいことをしていたとしても子供と遊んでいたとしても、一気に現実に引き戻されます。

裁判所に訴えられて全額返金を求められでも返すことはできませんので、法律の力を使って借金を回収してきます。それが銀行口座や給料の差し押さえです。給料から天引きされたり、給料が振り込まれる銀行口座が凍結されてお金を引き出せなくなってしまいます。

こうなればもう生活を続けることはできません。

解決策を知っておきましょう

借金に悩んで債務整理をしようと考えた時、相談する先は法律事務所に連絡をして弁護士に相談をすることになります。でも法律事務所は敷居が高くて相談することをためらってしまいがちですよね。

でもこうしている間にも利息で借金はどんどん増えていっています。

だから相談するまではしないとしても、あなたの借金をどうやって解決するのかという選択肢は知っておきましょう。街角相談所-法律の借金診断シミュレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで

・毎月の返済はどのくらい減額できるのか
・過払い金はあるか
・あなたに最適な債務整理の方法はなにか

などがその日のうちにわかります。そして匿名でできるので旦那さんに知られることもありません。

そして必要であれば債務整理が得意な法律事務所の紹介や、メールや電話での債務整理についての相談を受けてくれます。

↓借金減額シミュレーターはこちらをクリック

債務整理をするとどうなるのか

では実際に債務整理をするとどうなるのかというと

  • 毎月の返済額をかなり減らすことができる
  • 基本的には3年後に返済完了

というメリットがあります。

毎月の返済額が減れば、なんとか今の生活を維持したまま借金の返済が続けられるのではないでしょうか?そして借金の返済が3年後には終えられるように計画を立てるので、債務整理をしてから3年後には無借金生活に戻ることができます。

借金がなくなれば、子供にもいろいろなものを買ってあげられるかもしれません。そして旦那さんの小遣いも少しは増やしてあげられるかもしれません。あなたも少しは綺麗な服が着れるかもしれません。

そして家族で一緒に旅行も楽しめるかもしれませんね!

ただ債務整理はもちろんメリットばかりではありません。「債務整理をしてから5年間は新たな借金をすることができない」というデメリットがあります。

ただこれに関してはポジティブに捉えれば、借金ができないことで強制的に借金をしない生活に慣れることができることになります。新たな借金ができないことはデメリットですが、旦那さん名義のローンやクレジットカードは問題なく審査が通りますので、特に問題はないのではないでしょうか?

そして債務整理をしたからといって、あなたが言わない限りまわりや特に旦那さんにバレることもありません。

返済ができなくなってからでは遅い

今はまだ返せるから。そう思っていても、返せなくなる時は突然やってきます。

そして返せなくなって返済が止まってしまった時には、会社への督促状や家への督促の電話などで旦那さんに借金のことがばれてしまうかもしれません。

法律事務所に相談にいくのが一番いいのですがやはり敷居が高く相談しにくい部分もあります。だからこそ借金減額シミュレーターを使って、あなたの現状や解決方法をまず知ることも1つの方法です。

借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーターを使ったからといって、必ず債務整理をしないといけないわけではありません。例えば診断の結果、今と現状が変わらないのであれば無駄にリスクをとる必要はないので債務整理をせず、今のままの生活を続けることもできますし、「この条件なら債務整理をしたい」と思うのであれば、法律事務所に相談にいくこともできます。

街角相談所-法律-ではあなたの現状の合わせた法律事務所の紹介もしてくれます。

↓借金減額シミュレーターはこちらをクリック